17年のBOSのドラフト指名をどう思いますか?

2017年1月12日木曜日

17' Draft Watch - Draft Board 7 (C-IF)

1B/3Bです。今季は珍しく1Bの方が厚い印象。Pavin Smithも評価が上がったが、No.1はカレッジ左腕でリストしているBrendan McKay (Jr.-LHP/1B)。1Bとして指名するチームもあるかも。Smith以下もお気に入りのNick Pratto (HS-1B)も良さそう。3BのNo.1はJake Burger (Jr.-3B)かな。


[17' Draft Board (C-IF)]

Pavin Smith, 1B/OF, Virginia (Jr.)

B/T: L-L
Height: 6-2
Weight: 210
Last Drafted: 32nd round (14') by COL
Ranking: BA #15/MLB #8
Projection: Early 1st round to Mid 1st round

Comments: HS時代は、J.J. Schwarz (Jr.-C/1B)とチームメイトで、投手としてもプレーしていた。ビッグプログラムの1Bらしく、安定したコンタクトが売りだが、プロで打てるかは疑問視するスカウトも。また生来のパワーはまずまずなはずだが、ゲームパワーを安定して発揮できていない。17年も安定した打撃で、Top 10級の評価を受けているが、HR数自体は平凡。1Bとしては優れた守備者で、まずまずの運動能力があり、たまにプレーするLFとしてやっていけるとも。


Evan White, 1B/OF, Kentucky (Jr.)

B/T: R-L
Height: 6-3
Weight: 175
Last Drafted: Never Drafted
Ranking: BA #12/MLB #18
Projection: Mid 1st round to Late 1st round

Comments: 左投げ右打ち。一般的なカレッジの1Bとは少し毛色の異なる選手で、長身だが、やや細身で運動能力に優れる。1Bながら、パワー面が最も現状弱いツール。スウィングがフラット気味なのも影響しているので、スウィングの調整と筋肉が付けばパワーは向上の可能性。コンタクトや選球眼は良く、また守備も1Bとしてはゴールドグラバーになり得る。Team USAでも務めたように、C-OFも十分こなせる。


Jake Burger, 3B, Missouri State (Jr.)

B/T: R-R
Height: 6-2
Weight: 220
Last Drafted: Never Drafted
Ranking: BA #20/MLB #16
Projection: Mid 1st round to Late 1st round

Comments: Bill MuellerやRyan Howardを輩出したものの、さほどメジャーなプログラムではないチームながら、16年夏はTeam USAでプレーするなど、注目度を上げている。バットスピードは平均的だが、優れた身体的強さで、パワーは今クラスでも上位。スウィングメカニクスに矯正すべき点はあるものの、コンタクト・選球眼とも平均には達するだろう。守備のツールは平均的だが、非常に練習熱心な選手で、3Bに留まる可能性は十分。


Nick Pratto, 1B/LHP, Huntington Beach HS, CA (HS)

B/T: L-L
Height: 6-2
Weight: 195
Commitment: Southern California
Ranking: BA #24/MLB #13
Projection: Mid 1st round to Late 1st round

Comments: 11年のリトルリーグの決勝でHRを放った選手。Huntington Beach HSでチームメイトのHagen Dannerと共に、今クラスのHS選手でトップクラスの2way選手。投手としても優れた選手だが、現状ヒッターとして評価しているチームが多そう。非常に滑らかなスウィングで広角に長打を打てる。HS選手としては非常に成熟したアプローチ。運動能力が高く、1Bとしてはトップクラスのディフェンダー。投手としては92 mphの速球に、チェンジアップが良い。カーブがサードピッチ。投手としても野手としてもポリッシュな選手。もう少し体格とパワーが成長しそうなら好みの選手かも。


Brent Rooker, 1B/OF, Mississippi State (rJr.)

B/T: R-R
Height: 6-4
Weight: 215
Last Drafted: 38th round (16') by MIN
Ranking: BA #64/MLB #50
Projection: Supplemental 1st round to 3rd round

Comments: HS時代は、ベースボール、バスケットボール、フットボールでいずれもチームを州のチャンピオンシップ決勝に導いた。カレッジ進学一年目を全休してRed-Shirtになっているが、年々成績を伸ばしており、この春は全米トップクラス。昨年MINからの指名を蹴ったのは正解となっている。サマーリーグで木のバットでも好成績を残しているのもポイント。昨年はRFだったが、今季は1Bへ。両翼を一応守れる選手だが、OFとしては平均以下。


Ryan Vilade, 3B/SS, Stillwater HS, OK (HS)

B/T: R-R
Height: 6-2
Weight: 190
Commitment: Oklahoma State
Ranking: BA #68/MLB #43
Projection: Supplemental 1st round to 3rd round

Comments: TEX傘下でコーチをやっていた父が、今年からOklahoma州立大に招聘されたため、Oklahoma州のHSにトランスファー。16年夏は18UのTeam USAで三番打者として金メダルに貢献した。HRダービーでも優勝しているように、パワーが最大の売り。やや引っ張り好きだが、優れたスウィングスピードとフィジカルでプルパワーを発揮する。HSではSSだが、スピードとクィックネスに欠け、プロでは3Bだろう。非常に強肩で、グラブ捌きも柔らかい。練習にも熱心。


K.J. Harrison, 1B/C, Oregon State (Jr.)

B/T: R-R
Height: 6-2
Weight: 205
Last Drafted: 25th round (14') by CLE
Ranking: BA #56/MLB #76
Projection: 2nd round to 5th round

Comments: 父のKenny HarrisonはPIT傘下でプレーした経歴。HS時代から攻撃的捕手として鳴らしたが、現状カレッジでは捕手としての出番は減っており、優れた打撃を生かすためにも1Bに転向させた方が良いと見られる。肩などある程度のツールはあるので、じっくり磨けば捕手になれる可能性もあるが。優れたパワーに加えて、今季はアプローチも改善し、1Bとしてやっていけそうな打力を見せている。


Gavin Sheets, 1B, Wake Forest (Sr.)

B/T: L-L
Height: 6-5
Weight: 235
Last Drafted: 37th round (14') by ATL
Ranking: BA #66/MLB #60
Projection: 2nd round to 5th round

Comments: 昔横浜(大洋ホエールズ時代)でプレーしたLarry Sheetsの息子。優れた体格に見合うパワーで今季のNCAAのHR王争いを演じている。選球眼も向上。ただスウィングスピードは平凡でプロで打てるか疑問視するスカウトも。スピードは平均以下だが、守備の動きは悪くはない。


Drew Ellis, 3B/1B, Louisville (rSo.)

B/T: R-R
Height: 6-2
Weight: 205
Last Drafted: Never Drafted
Ranking: BA #67/MLB #61
Projection: 2nd round to 5th round

Comments: 打席での完成度に優れる選手で、パワー・アベレージの両面で高い能力を示す。守備は平凡。1Bの方がより適性が高いが、Brendan McKay (Jr.-LHP/1B)がいるため、彼が投手でない時は、3Bを守っている。


J.J. Matijevic, 1B, Arizona (Jr.)

Comments: BOS関連選手編を参照。

0 件のコメント: