2017年1月8日日曜日

17' Draft Watch - Draft Board 4 (HS-LHP)

HSのLHPです。今季はさほど大柄な選手が上位に多くないですね。D.L. Hallは左右合わせてもトップクラスのHS-Pだけど、昨年のJason Groomeほどの特別感はないか。


[17' Draft Board (HS-LHP)]

D.L. Hall, LHP, Valdosta HS, GA (HS)

B/T: L-L
Height: 6-0
Weight: 190
Commitment: Florida State
Ranking:
Projection: Early 1st round

Comments: 二年間過ごしたHSから、フレッシュマンの時にプレーしたHSへ戻ったが、昨夏に前のチームを州のチャンピオンに導いて評価を上げた。上背はなく、公称よりも低く見えるが、速球は90~93 mph、最速95 mphと左腕としては十分。何よりカーブの評価が高い。アームスロットが時折低くなる傾向があり、それがコマンドやカーブの変化に悪影響を与えることも。チェンジアップは未熟。


Trevor Rogers, LHP, Carlsbad HS, NM (HS)

Comments: BOS関連選手編を参照。


Jacob Heatherly, LHP, Cullman HS, AL (HS)

B/T: L-L
Height: 6-1
Weight: 210
Commitment: Alabama
Ranking:
Projection: Mid 1st round to Late 1st round

Comments: 同郷の16年ドラ1のBraxton Garrett (MIA)に似ているとも。HS-LHPとしては身体的にも、特にセカンドピッチ以降の洗練度も比較的高い点も似ている。Garrettはそれに加えて、ドラフトイヤーに球速を大きく伸ばしたことでTop 10ピックを勝ち取ったが、そうなれるか。速球は89~93 mphと平均的。シャープなカーブは年齢の割に安定感があり、プラスにピッチ。チェンジアップもコンスタントに投げられる安定感がある。体格的な伸びしろは小さめだが、運動能力の高さによる、フォームの安定感を含め、非常にポリッシュな選手。


MacKenzie Gore, LHP, Whiteville HS, NC (HS)

B/T: L-L
Height: 6-2
Weight: 180
Commitment: East Carolina
Projection: Late 1st round to 2nd round

Comments: 89~92 mphの速球は、プレートの左右への投げ分けも十分にできている。最速は94 mph。時折腕の振りが遅くなるが、基本的にはチェンジアップが優れたセカンドピッチ。ブレイキングボールは多少安定感を欠く。大きく足を上げ、またバックモーションの大きいフォームは、打者を欺くことはできるものの、少し安定感を欠く。運動能力は高く、プロでは修正できるだろう。

0 件のコメント: